小学生のあいだに脱毛をするのも悪くはないです

私は中学生と小学生の子供を持つ母親です。小学生の子供は、現在5年生の女の子です。
娘が4年生のとき、T字のカミソリで足のむだ毛を剃っていました。何時の間にT字のカミソリを用意したのか分かりませんが、むだ毛を気にしていたことに気づいてやれずショックでした。私も今の娘の年齢の頃から足や腕のむだ毛に悩んでいたからです。女の子が産まれたとき、「きっとむだ毛の悩みを相談される日が来るだろう」と考えた経過もあったのに申し訳ない気持ちになりました。
娘は幼稚園から水泳を始めました。私が子供の時より成長も早く水泳もやっているので、食事はお肉の割合が多くなっています。それが原因してかむだ毛の量がかなり多い方でした。水着になると自分でもむだ毛の量が気になり悩んでいたようです。
抑毛ローションも用意しましたが、3歳からできる脱毛サロンがあることを知り子供のサロン脱毛が始まりました。成長期に生えてくるむだ毛を生えてくる前に処理することが出来、毛穴が目立つことなく綺麗な肌を維持することが可能な脱毛です。子供がする脱毛なので痛みがあると続きません。サロン脱毛は痛みを伴わず肌にも優しい脱毛です。娘のむだ毛は見る見るうちに処理されていきました。
娘は、小学生脱毛をしたおかげで、中学・高校生になっても水泳を続ける希望を持っています。一年を通じてカミソリなどを使ってのむだ毛処理はどうしても無理がきます。脱毛は大人になってからと考えるママが少なくありません。肌へのダメージや子供の心を考えると悩みは早く解決してあげることは必要と考えます。